金子亜里紗カルテット

2007-4-14 Blue Train
Pf.金子亜里紗 As.竹内郁人 B.池尻洋史 Ds.矢嶋正義

こんにちは金子亜里紗の東(ひがし)東京地区担当ファンクラブ自称会長のすーさんのライブレポートです。

今日は金子亜紗里の三枚目のリーダーアルバム発売記念ライブでした。場所は千葉県の松戸です。担当地区(?)をちょっと外れるのですがすーさんの住んでいるところのちょうど川向いなんで、先日のライブでまだ聴き足りなかったこともありで車を飛ばしてやってきました。したがってドリンクは健康的なヒーコです。Four Rosesもいいけとたまにはね。

入るのがちょっと遅れちゃって車を停めるともう聴いたことがあるタッチの演奏が聞こえてきます。うきうきしちゃいますね。はやく入らなきゃ損すると急いで入ります。入ったらまずマスターに「金子さんから写真撮影の許可はもらっているのでよろしくお願いします」と挨拶。もちろん優しいマスターはオッケーをくれました。

今回はCD発売記念ライブのためCDにある曲が中心でした。CDは前のライブのときに買って擦り切れる(CDって擦り切れるんだっけな?)ほど聴いているため全曲オッケー(何がオッケーなんだろう?) ま、それはいいとしてCDにない曲やらすーさんのリクエストやらあれこれやってくれました。もちろんほとんどビバップの曲。ビバップって曲の進行にスリルがあってすーさんが一番好きなジャズなんですね。そういえば周りを見渡すとそんなようなお客さんばっかりです。ビバップが好きな人が多い松戸は素晴らしいところだ。

ということで例によってあっという間に終わり。さっそく次のライブを探さなきゃなと思うすーさんなのでありました。


金子亜里紗カルテット、コンクリで一段低い天井があって音響的にホーンみたいになっていて響きなんかもいい感じです。


金子亜里紗、向こうの方にテレビカメラがあって手元を映してくれているので誰でも鍵盤と指が良く見えます。頭と体をゆらして演奏するのは見ていても「乗ってるな」という感じ。CDにあるオリジナル曲のA Tipsy Walkも演奏、この曲はすーさんすごく好きです。この写真は入る前に窓から激写、内部からはテレビ画像じゃないと見えないんですね。


竹内郁人、最近ブランニューのいい音のアルトにしました。彼の出す音は「朗々」という形容が良く似合います。アドリブも彼オリジナルがピカリと光ります。今日はアルバムにある竹内郁人の曲も演奏。


ソロを弾く池尻洋史、歌心たっぷり、生ベースの音はたまらない。googleで探してProfile見たら学部は違うけどすーさんと同じ大学出身でした。今度会ったら挨拶しなきゃ。


矢嶋正義、長年このメンバーで演っているだけあって息のあった的確なドラミングはさすが。

追記:
どうやら金子亜里紗ファンクラブ会長に勝手に任命されちゃったみたいです。 ま、金子亜里紗ともどもよろしくお願いします。