金子亜里紗カルテット 松戸 Blue Train 2007-6-23

金子亜里紗が久しぶりに東(ひがし)東京のさらに東の松戸Blue Trainにやって来ました。ここはいつも渋いメンバーのライブをやってくれるところで大物も続々登場することでも有名。

すーさんの地元からは江戸川を越えた反対側のところなのでお酒は我慢、 家に帰ってからゆっくりと大五郎お湯割をいただくとして今回は自慢の軽自動車でかけつけてヒーコとピザで頑張ることにしました。途中目印の歩道橋が撤去されていて右折のタイミングを逸して、そのまま八柱までいっちゃたりなどおとぼけをくりかえして一曲目がおわりそうなところでたどりつきました。


あせって入るときの写真がこれです。Blue Trainはピアニストが壁に向かって弾く形になっちゃうので顔と手元を撮るのは外からしかできないのです。でもやさしいマスターは最近ビデオカメラをピアノのところに設置してくれたのでカウンターの上の大型モニターで見えるようになりました。(右上のところに見えています)

出演はPf.金子亜里紗 As.竹内郁人 B.池尻洋史 Ds.矢嶋正義とCDを出したメンバーなので完璧です。


金子亜里紗は勉強家です。ライブのたびにすーさんが初めて聞く曲があります。ただ単にすーさんはパーカーとかパウエルのアルバムだけを中心に聞いているのでそれ以外の曲を知らないということなのかもしれませんがね。でも少なくとも毎回同じ曲というのはありませんでした。それだけビバップの曲は多くあるということでもあるのでしょう。


アルトの竹内郁人はますます快調です。金子亜里紗のダイアリーを見るとデュオでもよくやっていそうなので呼吸はばっちり。この前は金ぴかのアルトでしたが今回はまた前にもどって貫禄のあるアルト。前回話をしたらいろいろ調整をしている最中だと言うことなのでまだ満足が行く音がでないのでしょうか。でもすーさんにはいい音で聞こえていたのですがね。さすがプロは自分に厳しい。


ベースの池尻洋史は黙々とバックを勤めます。もちろんすばらしいソロもあり。途中後輩で勉強中のベースの方に代わったりしました。


ドラムスの矢嶋正義はポイントを押えた的確なリズムをたたき出します。でも動きが大きくてなかなかいい写真が撮れません。何毎も撮ってやっと1-2枚いいのがありました。

今回特に印象に残ったのはバラードの演奏でした。ゆっくりした曲はミュージシャンの感性がそのまま反映されますね。間合いの取り方や微妙なリズムの変更、それをしっかりバッキングするリズム隊もさすがにプロ、素晴らしい。竹内郁人はまだ30代のはずだと思うのですがなんて微妙で円熟味のある表現をするのでしょうか。感服します。

今回のライブには金子亜里紗の叔父さんがお見えでした。なかなか豪快な方でまたどこかにおいでになることがありましたら続きのお話をしたいです。

最後に一言言いたい。「お酒飲みながらこのすばらしいバンドを聞きたいぞー」。ということで次回すーさんは小岩コチ(7月26日)を予約したのでありました。ここなら飲みながら首を振りながら、足を鳴らしながらきけるぞー。