金子亜理紗トリオ 菊川なーじゅ 2008-11-25

金子亜理紗(p) 小林航太朗(b) 田村洋介(ds) 
 



このところ東京下町、ひがし東京方面によく来てくれる金子亜理紗トリオ、今晩は菊川(駅はJR錦糸町)「なーじゅ」への出演でした。

当日は雨が降り始め小寒くなったのですが入ってみると皆さんすでにお見えでリハも終わっている様子。先着のお客さんもいらっしゃいます。演奏は8時ちょっと過ぎに始まりました。今晩はいつも共演しているメンバーなのでリラックスしている雰囲気です。日本のジャズ界はライブハウスの要望により同じリーダーであっても異なる共演者になり当たり外れがあるのですが金子亜理紗は頑固なまでに自分のトリオやカルテットの音にこだわっていていつも100%満足できる出来栄えになるので行くのが楽しみです。

今晩の演奏はおなじみのビバップの曲、オリジナル曲、それに最新アルバム「The Scene Is Clean」にある曲からもやってくれました。両手を使ったダイナミックな演奏はいつも変わりません。ウイントンケリーなんかはアドリブパートになると右手だけでいわゆるころがすような弾き方になるのですが金木亜理紗は盛り上がるときでも両方の手を使って幻想的な和音でせめてきます。これがたまらんのですよ。こういうのって大変ですねと聞いたことがあるんですが長年やっていると手が覚えていて勝手に出てくるとのこと。すごいですね。さすがプロ。

今回もすーさんの最近のマイブームのTea Four Twoもリクエストでやってくれて大満足。日本のマジック界の大御所Bさんもおいでになり楽しい夜になりました。