金子亜里紗クインテット 2012-1-13 @ J

【Pf.金子亜里紗 As.澤田一範、竹内郁人 B.池尻洋史 Ds.宮岡慶太】




金子亜里紗の今年最初のリーダーライブは新宿のJにて強力な2アルトのクインテットでした。メンバーは全員ビバップ大好きミュージシャンです。

ビバップというのはスイングジャズ全盛のときに突然現れた革新的な演奏でジャズをバックにダンスするのが一般的だったのを演奏があまりにもすごいので演奏に目が釘付けになりダンスをするのを忘れて聴き入っという音楽です。今までのズンッチャ・ズンッチャというシンプルなリズムのスイングジャズと違ってコードが極限までに細分化され頻繁に転調をするなど複雑でスリリングな感じになる代わりにミュージシャンにとっては相当な努力をしないと演奏できない音楽です。 今回のライブのサブタイトル「Bebop Revisited」というのはその再来という意味なんだと思います。それほど気合が入っているということですね。

そういう思い入れもあって、曲はバラードからめちゃめちゃ高速のものまで思いっきり力が入っていました。澤田一範の表現力あるアルトと竹内郁人のセクシーなアルトは実に心地良いものです。そして金子亜里紗のバドパウエルを彷彿させるソロとバッキングのピアノも実に絶妙な音で涙が出てきますね。往年のビバップが生音で聴けるとはもう死んでもいいと思う人がいるのではないでしょうか。

演目には前回とは違う新しい曲が出てきますがビバップには本当に名曲が多いなと感心させられます。ミュージシャンも相当な努力をしているんだと思います。3セット目の最後の曲はディジーガレスピーの名曲、ナイト・イン・チュニジアでこれはすーさんがリクエストしてやっていただきました。

今回リスナーは少なかったけど非常に白熱して歴史に残るようなすごいライブで、そういう場面に遭遇してすごく得した気がしました。そしてビバップだけやると宣言し、そのように行動している金子亜里紗と澤田一範の信念と努力にはいつも脱帽させられます。今後共頑張ってほしいものです。すーさん非力ながら応援しています。ちなみに白熱しただけあって時間も延長されて帰りの電車がぎりぎりでした。

なお次回の"Bebop Revisited" は同じメンバーで2月10日(金)に同じくここ新宿Jにて開催されます。