澤田一範 with Stringsリハーサル潜入レポート 2008-7-11 藤沢 BECK

澤田一範(as,arr,cond) 庄司知史(ob) 出口順子(vln) 野口敦子(vln) 清水俳二(vln) 高橋淑子(vla) 影山順一(vc) 金子亜里紗(p) 小林航太朗(b) 田村陽介(ds)



行って来ました場所は藤沢。 ここ藤沢のBECKにてwith Stringsのリハーサルがあるとの情報があったので澤田さんに許可をいただいて会社休んで行ったという次第。

着いてみたところやさしい澤田さんは「すーさんコーヒーどうぞ」ということで、 なんとおじゃま虫であるはずの私の為にもコーヒーを用意してくれていたのには感激。おまけにわざわざ私を皆さんに紹介してくださいました。

早速レポートを開始。本番でも着用予定のPRESSの腕章をつけるときりりと身が引き締まります(笑。 今回はストリングス関連は一人を除いて違うメンバーでしたが演奏はもう完璧といっていい仕上りに聞こえます。 明日演ってもいいくらい。 それでも澤田さんは途中で止めて細かなコメントを出します。 演奏者はその都度自分の楽譜に書き込みをしています。 メンバーからもここはこういう風にやってはどうだろうというアイデアを出すなど良い演奏をお聞かせしたいという意気込みバッチリでした。

演奏メンバーが言っていましたがこの部屋は響きが良くて自分の音がよく聞こえるとのこと。 澤田さんが「じゃあ5Cからやってみましょう」なんて指示を出すと曲の途中から見事なアンサンブルの演奏が始まります。 すごいですね、さすがですね。

おなじみの曲を続々とリハーサル。レポートするのも忘れて聞き惚れました。 まてよ、と周りを見ると当然のごとくレポーターの私だけが観客でした。 なんて豪華で貴重で素晴らしい経験なんでしょうか。 このような機会を与えてくれた皆様に感謝しながら4時間のリハーサルがあっという間に終わっちゃいました。

もっと聞きたかったよー。 ということで7月31日の本番が実に楽しみになったのでありました。ちなみに今回は新曲も何曲かありますのでお楽しみに。 席はまだまだ余裕がありますので皆様ハンカチご持参の上是非おいでください。すーさん200%の感動を保証いたします。

フライヤーはこちらです。 注:フライヤーにある開始時刻に誤りがあり修正しました。19:45スタートですのでお間違えなく。

追記:
リハーサル映像をアップしました。短いものですがどんなものかをお楽しみください。

New! その2




澤田一範が指揮をしています。もちろんアルトもやりますよー。


チェロの先生影山順一に音の出し方を指導されている生徒の小林航太朗、それを見て喜んでいる?金子亜里紗(p)


ちょっと楽譜を直しています。


みんな和気あいあい。ストリングスとカルテットのコミュニケーションもばっちり。