澤田一範 with Strings at 新宿SOMEDAY 2009-10-29


As.澤田一範 Pf.金子亜里紗 B.小林航太朗 Ds.田村陽介
Ob.庄司知史 Vn.出口順子 影山優子 清水俳二 Va.高橋淑子 Vc.大沼深雪

今年最後の澤田一範 with Stringsのライブがおなじみ新宿SOMEDAYでありました。

最近は澤田一範 with Stringsのレパートリーも増えてきて今回はどんな曲が選ばれるのかなという楽しみも出てきました。澤田のMCによると前回は話が多かったので今回は「さくっと沢山やる」とのこと。このため前編は "with Stringsヒットパレード" と言ってもいいくらい沢山の名曲が演奏されました。なんてお徳用(?)なライブなんでしょうか。最近はメンバーも固定してきて澤田の音楽を理解している人ばかりなので実にスムーズに美しい音楽が奏でられます。しかし何度聞いても(特にライブは)いいもんですね。

今回はすごいサプライズ。後半のセットは全部with Stringsとしての新曲ばかり、しかもリーコーニッツの曲まで飛び出してきて澤田ワールド全開です。クラシック風な曲、Charlie Parker with Stringsではやったことがない曲ともうすごい演奏ばかり。日頃のライブの傍ら採譜したり編曲したりと澤田一範の努力には感心させられます。

なお次回のライブも決まっていて赤坂Bフラット2010年1月28日(木)ということです。次は何があるでしょうか。

以下写真ルポです。

おなじみ入り口の看板。もう「おなじみ」と言えるようになったのが嬉しい。


皆さんに挨拶。「さくーっと沢山やります」


はーい始まりました。いきなり音楽に没頭しちゃいます。


カルテットセクションのうち3人のアップ。左からドラムス田村陽介、アルトサキソフォン澤田一範、 ベース小林航太朗 


そしてピアノは金子亜里紗


ストリングスセクションその1、左からバイオリン出口順子 チェロ大沼深雪 バイオリン影山優子 ビオラ高橋淑子 バイオリン清水俳二



ストリングスセクションその2、オーボエとフレンチホルンの庄司知史


ストリングスをバックに聞く澤田の音はいつもとは違う神々しい音がするよう。


カルテットセクションだけのパートもあります。


金子亜里紗がソロをとっているときに澤田一範は次のソロの楽想を練っているところ(かな?)


ベースの小林航太朗は休む暇無くずっと演奏ですね。


メンバー紹介でコーニッツの曲の感想を言っている金子亜里紗。


澤田一範が指揮をするのは出だしと終わりのとき。それ以外のときはドラムスの田村陽介がリズムを刻みます。


澤田一範のアルトは実に表情に富んでいます。


(アンコールだったかな)ジャストフレンドでは同じアルトの平山順子が参加して盛り上がりました。

ここからはバックステージルポです。


時間になると三々五々お客さんがお集まりです。


リハーサルに潜り込んで金子亜里紗を激写。あとで聞いたらコーニッツの曲にはすごく緊張していたとか。


終わって記念撮影。また来年楽しみですね。

私事ですがすーさんは今年5回行われたwith Stringsは皆勤でした。昔は何年に一回しか行われなかったこともありこんなに聞けて感無量です。今後もwith Stringsに限らず澤田一範カルテットなど沢山行って元気をもらおうと思います。