澤田一範 with Strings at 藤沢 BECK 2010-5-23

As.澤田一範 Pf.金子亜里紗 B.小林航太朗 Ds.田村陽介
Ob.庄司知史 Vn.出口順子 影山優子 清水俳二 Va.高橋淑子 Vc.大沼深雪




今年も「湘南ジャズフェスティバル 2010 」の一環として藤沢駅から歩いて数分にあるライブハウス BECKにて開催されました。

すーさんは何度もここ藤沢に足を運んでいることもあって何人か知った方がいてお久しぶりですという挨拶が飛び交いました。おいでのお客さんは若い人からお年よりのカップルまでたくさん。皆さんジャズがお好きなんですね。いいですねこの街は。



ここがBECKの入り口です。すーさん早めにいってみるとSJFふじさわ事務局の皆様が準備中でした。BECKはジャズのほかブルースなどもやっているお店です(というかジャズの方が少ない)。内装は凝りに凝っていて1人で行っても休憩時間にはそれを見ているだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。。


まずはSJFふじさわを代表して小林新作さんのご挨拶。一曲毎に曲の解説もしていただけました。


おいしそうなピザとかいただきながら美しい音楽を。東京方面から来たお客さんもいらっしゃいました。

演奏は小林新作さんが解説してくれたように鳥肌ものの演奏。アンサンブルはもちろんアドリブパートも素晴らしくて楽しめました。

金子亜里紗のピアノをフューチャーした曲Love Walked Inの演奏では金子のロマンチックなピアノのソロから始まりました。金子亜里紗は16日に亡くなったハンクジョーンズ(p)へのトリビュートとして弾いたそうです。この曲では澤田は珍しく演奏しません。

バイオリンの清水俳二はボサノバにアレンジしたYou've Changedであいかわらずかっこよくて軽妙なソロを披露。舞台と観客が近いから生音の素晴らしさがよくわかります。Night In Tunisiaでは同じバイオリンの影山優子が超絶技巧のソロを聞かせてくれました。



50人くらい入る大きめなライブハウスとはいえ演奏者の数も多いので澤田一範ははじっこの方で花に隠れて演奏。


Night In Tunisiaでは竹内郁人(as)も混じってバリバリ演奏してくれました。


最後は記念撮影。メンバーの1人オーボエの庄司知史はこの6月に初リーダーアルバム「極旋 ーGOKUSENー」をリリースします。映画音楽とかも入っていて聞きやすく美しい旋律の曲ばかりが収録されています。「ニューシネマパラダイス」とか「1900のテーマ」なんて涙しちゃいますよ。

Amazonほかライブ会場でも入手できると思います。次回のwith Stringsは2010-7-29(Thu) 新宿SOMEDAYです。